「言語一般」の記事一覧

子音の無声化

463PV

音声学

スポンサーリンク 記事に対する指摘 2016-08-31に、以下の記事を投稿した。 有声破裂音も同様に、語頭や語末にあるときは、部分的に無声となる。つまり、語頭にあるときは、声帯は前半は震えずに無声であるが、後半は声帯が・・・

日本語の母音と英語の母音の関係

387PV

音声学

○ 英語の発音を学習する場合は、特に母音は日本語の母音との関係をよく覚えていた方がよい。舌の位置がどこにあるか示すものであり、日本語の母音のアイウエオよりも高めか低めかなどを意識するといいようだ。 この図で分かるように、・・・

/w/ の音の出し方

268PV

音声学

○ 英語では、/r/,/j/,/w/が半母音である。いずれも、性質は母音であるが、持続することなく、すぐに次の母音の口の構えに移るのが特徴である。ここでは、/w/について考えてみたい。 /w/の音の出し方 /w/は半母音・・・

/h/の音

259PV

音声学

/h/には独自の口の構えはない。 /h/ の音の発声は比較的簡単である。音声学の上では、無声声門摩擦音と呼ばれている音である。寒いときに手に息を「ハー」と吹きかけるときの音である。声帯を無声音の状態よりやや狭くして喉奥か・・・

音声学と音韻論

528PV

音声学

音声学と音韻論 音声学(phonetics)は言語音の物理的側面に焦点をあてるのに対し、音韻論(phonology)では言語音の機能面に着目して抽象化をおこなう。つまり、音声学では、意味を排除していくが、音韻論は音声の持・・・

aを付けるかan を付けるか。

349PV

音声学
hourglass

名詞に不定冠詞を付けるときは、aをつけるかan を付けるかであるが、迷うこともある。 不定冠詞の歴史 an は元々はone であった。それがan となった。その後、子音が次に続くときは、n が落ちて、a という音になった・・・

同化についての補足説明

544PV

音声学

先般、発音に関しての同化についてShunjiさんという方から質問をいただいた。研究室に戻ってきたので、資料を参照しながら、あらためて質問にお答えしたい。Shunjiさんからの質問は私の1月16日の同化という記事に関する質・・・

3つの半母音/w/, /r/, /j/

794PV

音声学

○ 母音はストレートに肺から息が出る音であるが、子音は調音器官を通るために、何からの妨げを受けながら息が出てくる。半母音/w/, /r/, /j/は、母音と子音の摩擦音の中間的な存在である。母音と異なり、調音器官による軽・・・

英語の強形と弱形

854PV

スピーキング 音声学

強形と弱形 文中では、機能語(冠詞、人称代名詞、不定形容詞、助動詞、前置詞、接続詞など)で1音節の語は、強く発音された場合は「強形」( strong form)である。弱く発音された場合は「弱形」(weak form)で・・・

ページの先頭へ