スポンサーリンク


母音と子音の違いは息がそのまま出ていくか、妨げられて出ていくかの違いである。子音は妨げられるのだが、その妨げられ方によって、破裂音、摩擦音、破擦音と分けられる。

破裂音

破裂音(plosive)は、息の通り道を完全にふさぎ、突然破裂するように開いて音を出す。破裂音は閉鎖音とも言われる。破裂する前に息の通り道をふさぐ(閉鎖する)から。

二つの唇で完全にふさいで、それから唇を破裂させて音をだすのは、/p/,/b/である。両唇音 (bilabial)
歯茎と舌でふさいで、それから破裂させるのは、/t/,/d/である。歯茎音(alveolar)
軟口蓋と舌でふさいで、それから破裂させるのは、/k/,/g/ 軟口蓋音(velar) 

摩擦音

摩擦音(fricative)は、息の通り道を狭くしておいて、そこから音を押し出して音を出すのである。

唇と歯で音を出すのは、/f/,/v/である。
歯と舌で音を出すのは、/θ/,//ð/である。
歯茎で音を出すのは、/s/,/z/である。
歯茎と硬口蓋で音を出すのは、/ʃ/、/ʒ/である。日本語の「シュ」と異なり、唇を丸めるのが特徴である。

破擦音

破擦音(affricate)とは、破裂音のように始まりながら、摩擦音として終わる音である。

歯茎と舌で音を出すのは、/ts/,/dz/である。
歯茎と硬口蓋と舌で音を出すのは、/tʃ/、/dʒ/である。

 

photo credit: Hitchhiker's Gourd via photopin (license)
photo credit: Hitchhiker’s Gourd via photopin (license)

 

スポンサーリンク