スポンサーリンク

音節

音節とは母音を中心として、前後に区切りがあると感じられる音声学上の単位である。これは各言語によって異なり、日本語話者は、「素敵」は/su-te-ki/と3音節に感じられる。英語話者は「ストップ」は/stop/と1音節に感じられる。

聞こえ度

母音や子音には「聞こえ度」がある。聞こえ度とは、その音がどれくらい遠くまで聞こえるかという度合いである。特徴として下のような点が挙げられる。

  • 母音は子音よりも聞こえ度は大きい。
  • 母音の中でも、口を大きく開ける低母音の方が高母音よりも聞こえ度は大きい。
  • 子音の中では、呼気の流れる度合いの高い側音や鼻音が聞こえ度は高くて、呼気の流れが止められる破裂音(閉鎖音)では、聞こえ度が小さい。
  • 半母音は音声的な性質は母音であるから、子音の中では聞こえ度はもっとも大きい。

音節主音

母音と子音の連続の中で、聞こえ度の底と底との間が1つの音節をなす。そして、その音節の中で、頂点をなす音をその音節の「音節主音」(syllabic)という。

音節主音は母音であるのが普通だが、母音が近接してないときは、聞こえ度の大きい子音が音節主音になることがある。これを「音節主音的子音」という。/m/,/n/,/l/などが音節主音的子音になることがある。(本来ならば、音節主音では、音声記号の下に、/ ̩/のような記号をつけて、/m̩/, /l̩/のような表記になる)

/l/  saddle, little, hustle, joyful, travel
/m/  prism, rhythm
/n/   eaten, kitten,  mutton,  sudden, listen, 

母音がいつも音節主音になるとは限らない。二重母音では、通常は前の母音が強く発音され、後ろの母音はそれに従属するのであり、音節主音にはならない。

スポンサーリンク