スポンサーリンク

学生のレポートを読んでいたら、和製英語の間違いの例として、We cannot exchange money here. が示してあった。その学生はある外国人の先生から、「この文の意味はおかしい。これは We cannot change money here. とすべきだ」と言われたと報告してあった。なお、その外国人の先生はオーストラリア人である。

よくスーパーなどに「両替はお断りします」という日本語の掲示とともに示されている。今まで自分は何回もその英文を見ていたが、特におかしいという意識はなかった。改めて、この英文はおかしいかどうかという点で調べてみる。

「別の通貨を交換する」という意味と「細かいお金にする」という二つの意味が、exchange, change でどのように使われるかである。

『ジーニアス英和辞典』では change には両方の意味があるとしている。

Where can I change dollars into yen?
Can you change a 1,000 yen bill into ten 100 yen coins?

『ウイズダム英和辞典』でも、両方の意味があるとしている。

change fifty thousand yen into dollars
Can you change this twenty for two fives and a ten? 「この20ドルを5ドル2枚と10ドル1枚に両替してくれますか?

おつりの小銭は change というように、なにやら「細かい小銭」という意味が change にはある。 

さて、ここで問題の exchange だが、お金を細かくするの意味があるかだが、『ジーニアス英和辞典』では次のように両方の意味がある。

Would you exchange yen for dollars, please?
exchange a £20 note for one £10 note and five £2 coins

『ウイズダム英和辞典』では、通貨交換の意味しか載っていない。

You can exchange your money for local currency at the airport.

古い辞書だが、研究社の『英和中辞典』でもchange の意味として外国通貨の交換の意味しかない。

結論として、お金を細かくするの意味でexchange が使われることもあるが、change の方が普通である。あるいは、exchange を使うのはまれである、とまで言い切っていいようだ。

なお、ネットでは、以下の二つのブログで似たような問題意識を提示されていた。

「翻訳コーディネータ『ZEN』のブログ」http://blogs.yahoo.co.jp/translation_volunteers/3648897.html
「和製英語」 http://translation.1-find.com/wasei/exchangechange-money/

photo credit: Brad Higham MONEY CHANGES YOU via photopin (license)
photo credit: Brad Higham MONEY CHANGES YOU via photopin (license)
スポンサーリンク