スポンサーリンク

2015-09-28

今日の授業で学生から「some につく名詞はどのような名詞か」と質問をされた。数えられる名詞(普通名詞)にも、数えられない名詞(物質名詞・抽象名詞)にもsome につくと答えた。そんなことから、ここでsome の使い方に関して整理整頓をしておきたい。(以下、Genius 英和辞典、Wisdom 英和辞典を参考にする)

some は数えられる名詞にも、物質名詞にもつく。

There are some strange animals in the zoo. (動物園に何匹か奇妙な動物がいる、この場合はseveral ともある程度意味的に重なり合う)
I need some bread and milk. (いくつかの量のパンとミルクが必要だ)

やっかいなのは、some が普通名詞の単数形と結びついて「誰か、何か」という意味になることだ。

She is living in some village in India.  (彼女はインドのどこかの村に住んでいる)
He has been seeing some woman. (彼はどこかの訳の分からない女性と付き合っている)

また数詞と結びついて、「およそ」という意味になる。

The trip will take some five hours. (旅はおよそ5時間ほどかかるでしょう)


まとめると、次に来るのが:

  • 普通名詞の複数形ならば「いくつかの~」という意味になる。
  • 物質名詞ならば「いくつかの~」という意味になる。
  • 普通名詞の単数形ならば「誰か、何か」という意味になる。
  • 物質名詞に付いて「何か」という意味になることはない。
  • 数詞に付いて、「約・およそ」の意味になる。

以上である。some などは中学1年生で出てくる語である。でも、一度は用法を自分なりに整理整頓しておいたほうがよい。

photo credit: Feeding station for the ungulates via photopin (license)
photo credit: Feeding station for the ungulates via photopin (license)

 

スポンサーリンク