スポンサーリンク


私は英作文をしていた。「母親が息子を皮膚科に連れて行くことを決意した」という意味の英文である。The mother decided to bring him to a skin doctor.とした。ネイティブがその文を見て、 a skin doctor という表現は一般的でないと注意してきた。a dermatologist という表現が適切とのこと、私はこの語は難しすぎるのではと思っていたが、「dermatologist は普及しているので、この語を用いるべきだ」と言われた。

私自身は dermatologist とは難しい表現のように感じて、skin doctor と思い込んでいたが、これは間違いのようだ。ネイティブの説明に寄れば、まったく医学の知識のない人にdermatologist  とは何かを説明するためにskin doctor という表現を使うことがあるかもしれないが、とにかく一般的ではないそうだ。

なお、『英辞郎』、『ウイズダム』、『ジーニアス』と3つの辞書を調べてみたが、たしかに、skin doctor という表現はなかった。

目医者は ophthalmologist に対して eye doctor と言う。耳鼻科医は otolaryngologist   に対して ear, nose and throat doctor という簡単な表現がある。であるから、皮膚科のお医者さんを a skin doctor と言いたくなるのだが、それは違うそうだ。

PublicDomainPictures / Pixabay
スポンサーリンク