スポンサーリンク

2016-06-09

「try + to 不定詞」の文は「try and 動詞」の文で書き換えることができる。Longman Grammar of Spoken and Written English (pp.738-739)では、いくつかの説明があるので紹介したい。

まず、この二つの文は相互に書き換えができる。

He’ll probably try and wrestle it away from me.
He’ll probably try to wrestle it away from me.

One has to try and find out what has happened.
One has to try to find out what has happened.

ただし、try が~ing, -ed の時には、「try + to 不定詞」のパターンだけ使われる。

She was trying to prove a point.
*She was trying and proving a point.

Do you remember when we tried to make fluffy dogs?
Do you remember when we tried and made fluffy dogs?

全体的な頻度は「try + to 不定詞」が「try and 動詞」よりもはるかに多い。会話文では、「try and 動詞」のパターンもある程度見られる。

ただし、try という語自体がto 不定詞として使われるような文では、「try and 動詞」のパターンが多く使われる。
He had practiced putting on his kitchen floor at home during the winter to try and prepare himself for the greens.

「try + to 不定詞」の文は、より一般的な言い方である(unmarked choice)。一方の、「try and 動詞」の文は、口語的な言い方であるので、公的な文では避けられる。報道や学術文で出現するのは、上に述べたように、try という語自体がto 不定詞として使われるような文の時である。

M_A148

スポンサーリンク