スポンサーリンク

2015-11-25

Fox Radio News を聞いていると Lieutenant Governor という言い方が頻繁に出てくる。「副知事」だろうと見当はつくのだが、Vice Governor の言い方も許されるのかどうか知りたいと思っていた。それで、ネットでいろいろと調べてみた。

アメリカではすべての州で副知事をLieutenant Governor と言うようである。そして、知事に何かあったときは代行するのである。そして州議会の議長 the Speaker of the Senate も兼ねる。州によって知事と同じ政党出身であることが求められたり、別の政党出身者でも大丈夫だったりする。(アメリカは州によって政治形態が異なるから気をつける必要がある)

アメリカの国会では、上院 Senate の議長は副大統領がつくが、下院議長は選挙によって選ばれて the Speaker と呼ばれる。 

アメリカは州が集まって国家を作ったので、州によって法律や政治形態が異なる。死刑が廃止されていたり、消費税率が異なっていたりする。30年ほど前だが、長距離バスに乗ってカリフォルニア州からアリゾナ州に州境を越えたら、バスのアナウンスがあってアリゾナ州に入ったので、バスの中での喫煙は可能ですと言うのでちょっと驚いたことがあった(いまでは、どの州でもバスの中では禁煙だろうが)。

英語のニュースを聞いている時、State, Speaker などは注意すべき語である。具体的に何を示すかアメリカの政治を知っておく必要がある。特にStateが国家を表すことがある。a head of state (国家元首)だし、Secretary of State (国務大臣=外務大臣)のようだ。state が国家を示すのか、州を示すのか、文脈による。とにかく、混乱してしまう。


 

Vice Governor という表現を使う国もあるだろうとネットで調べると、フィリピンでは Vice Governor という言い方をしている。


Lieutenant というのは、軍隊では「中尉」という意味があるし、警察署の「警部補」という意味もある。ラジオで聞いていると、前後左右の語を聞きながら見当をつける必要がある。

photo credit: Children's Hospital 005 via photopin (license)
photo credit: Children’s Hospital 005 via photopin (license)

 

スポンサーリンク