スポンサーリンク

2015-07-28

some の訳しかたが分からなくなることがありますね。There must be some reason. とあれば、「何か理由があるに違いない」と訳すことができます。しかし、There must be some reasons. と複数形になっていれば、「いくつかの理由があるに違いない」と訳すことになります。であるので、some + 複数名詞→「いくつかの」となり、some + 単数名詞→「何かの、ある」と訳すべきでしょう。ところで、some reasons で「いくつかのある理由」という訳はいいでしょうか、日本語としてやや不自然な感じあり、「いくつかの理由」とする方がいいでしょう。

しかし、このあたり、あまり神経質になる必要はないでしょう。some は要は「漠然」とした「不定」のものを表すのですから、単数でも複数でも関係なく、同じことを示していると言えるでしょう。ネイティブはこのあたり区別してなくて、日本人だけが神経質にどう異なるかと議論しているのかもしれません。

スポンサーリンク