スポンサーリンク

英語の破裂音は息の流れを遮断して、次に息を破裂させて(開放させて)出てくる音である。しかし、破裂音が二つ以上連続するときは、それぞれの音で破裂させるのではなくて、最後の子音だけを破裂させる。

except,  kept,  fact,  sobbed,  dragged では、最初にくる破裂音である /p/, /k/, /b/, /g/ では破裂されずに、呑み込まれるような感じの発音になる。破裂するのは後ろの/t/,/d/の音である。

except では、日本人は多くの場合、前の破裂音も破裂させて、「エクセプト」と発音をしてしまう。ネイティブは「プ」は呑み込むような感じで「エクセット」というような発音をすることが実態に近い。

カタカナで英語の発音を記すときはどうしてもそのスペルに影響されてしまう。「except の発音をカタカナで記せ」と言われたならば、どうしてもそのスペルに目が行くであろう。実際の発音はどうしても無視しがちである。その意味では、カタカナで記すのは発音を学ぶには好ましくないということになる。

photo credit: Pensive glance Lips and glasses. The perfect… agregate! via photopin (license)
スポンサーリンク