スポンサーリンク

2016-08-02

英語の音声とは何か?まずどこの国の音声を指し示すのか。一般にはアメリカ人やイギリス人の話す英語の音声を指すと考えられている。

日本人に必要な英語の音声とはどんな音声になるか。我々が外国人と英語を介してコミュニケーションをするのであるが、アメリカ人と英語を使うよりも、タイ人と英語を使う、ドイツ人と英語を使う、中国人と英語を使う、ことのように非アメリカ人と英語を使う方が多いだろう。

英語は国際共通語となっているので、世界の様々な人とコミュニケーションするために、英語を使うのだ。人口比で考えると、英語圏の人よりも、非英語圏の人の方の数が多いので、日本人が英語を使う目的はこのように、非英語圏の人とコミュニケーションすることが第一となる。

やや古い資料には、人口に関しては第一言語として話す人が5億人で、第二言語や外国語として話す人が10億人いるとの統計があった。これはENL, ESL, EFL と呼ばれる区分けとも合致する。

これらのことを忘れてはいけない。すると英語の音声とは世界の人々が話す英語の音声の総体を意味することになる。

次は英語教育の場ではどうするのかという問題になる。あるいは英語をこれから学んでいく学習者はどうするかという問題になる。つまりモデルとしてどの英語を提供するかということだ。発音の目標としてどの英語を示すのか。

現代はアメリカ英語が標準とされている。もっとも威信の高い言語と考えられている。しかし、第二次世界大戦の前までは、イギリス英語がもっとも威信の高い英語とされて、人々はそれを真似しようとしたのである。つまり政治的に経済的に文化的にもっとも高い地位にある国の英語を真似ようとするのである。

:アメリカの英語はイギリスの英語と比べるとはるかに方言差が少ない。アメリカではテレビの全国的な放送網が確立するにつれて、中西部型(Midwestern)/一般米語(General American: GA)が広まっていった。これらは、放送網英語(Network English)とか、放送網標準語(Network Standard)と呼ばれている。なお、黒人の話すBlack English は特徴ある英語である。イギリス英語では、ロンドンを中心とした中上流階級の人々の英語であり、容認発音(Received Pronunciation)とか、BBC英語(BBC English)と呼ばれている。

なお、イギリスでは、労働者階級が話すCockney 英語が有名である。なお、PRの持つ特権階級的な匂い、Cockney が持つ労働階級的な匂いのないEstuary English がテームズ河の河口地域から広まってきている。

もしも、中国が次の世紀にもっとも成功した国になるのであれば、中国語風になまった英語がもっとも威信の高い、つまりカッコイイ英語になるのである。たとえば、日本語には日本語風の音声体系がある。しかし、最近の若い人の音楽は、日本語の音声の仕方をわざとアメリカ英語の風に発音しようとする。「ぼおくうーうは、けーめえがすうーき」という風な発音で歌うのである。これはアメリカ英語風であることがポイントで、誰も中国語風とか韓国語風には歌わない。つまり、日本では、現段階では、中国語や韓国語は真似をして、歌い方を変えるほど威信のある言語とは思われていないのだ。

さて、世界の様々な英語を英語教育の場でどのように考えるかである。小学生や中学生の段階では、様々な英語を教えるのは混乱するから避けた方がいい。現代では、もっとも真似すべき英語はアメリカ英語となっている。

言語習得が理論が教えるところでは、幼児期のうちに英語のシャワーを浴びないとネイティブのような発音は難しいと言われている。おそらく日本の小学生や中学生がネイティブのような発音を持つことは難しいであろうから、それには限度があることを教えておくことはいいだろう。つまり、ネイティブのような発音が出来なくてもかまわない、それで、目指すは「理解されうる英語」を話すことだということだ。

ALTだが、世界の様々な人の英語に触れるという意味で、役に立つ。英米文化だけが外国の文化ではなくて、さまざまな文化を背景にする人がいることを知らせるべきだろう。

高校や大学に入ったら、本格的に、世界の様々な人の英語を聞かせるといいだろう。授業でも「国際英語」とか「アジア英語」というような英語の授業があってしかるべきだろう。

photo credit: picture wall via photopin (license)
photo credit: picture wall via photopin (license)
スポンサーリンク