スポンサーリンク

2016-05-27

Longman Grammar of Spoken and Written English (p.921)には、Inversion in reporting clauses という項目がある。何かを報告する節が前に来ると、主語と動詞が倒置となるのだ。

That’s the whole trouble,” said Gwen, laughing slightly.  (Gwen said  という語順にはならない。)
“It’s the fuel,” said the chauffeur, “dirt in the pipe.” 
“It’s a good thing you are here at last <…>” began Mabel

これは主語が代名詞になると、主語+動詞という語順になる。情報構造の上からも、意味の軽い代名詞 (he) は前に出てくるのだ。

(1) “The safety record at Stansted is first class, ” he said.  

さらには、動詞に助動詞が付いたりして複雑になってくると、主語+動詞という語順になる。情報構造の上からも、意味の重くなった動詞部分(had answered)は後ろに行くのだ。

(2) “Konrad Schneider is the only one who matters, Reinhold had answered

話しかけた人に関する情報が付いていると情報量 (told her happily) が増えて後ろに置かれる。

(3) There’s so much to living that I did not know before, Jackie had told her happily


さきほど(1)であると述べたが、動詞+代名詞という言い方もかなりあるそうだ。例として以下のようになる。

(4) I said I think something’s gone wrong with the auto bank machine, says I.

(5) “We may all be famous, then,” said he.

これは面白いことだが、(4)のように、says I という言い方はあるそうだが、say I という言い方は、コーパスでは確認できなかったとのこと。このあたりとても面白い。

photo credit: Postcard of Vintage car with driver via photopin (license)
photo credit: Postcard of Vintage car with driver via photopin (license)
スポンサーリンク