スポンサーリンク

2016-05-13

ある単語の母音の部分が二重母音とか長母音であっても、そこに子音がつき長い語になると短母音に変化することが多い。逆に短母音が長く発音される例はほとんどない。(発音記号をこのブログでは記すことができないので、ご容赦を)

famous – infamous 

say – says

pious – impious 

dine –  dinner   (ここからの出典は島岡丘『教室の英語音声学』研究社 p.45)

super – supper

Lucy – lucky

later –  latter

consume – consumption

describe – description

write – written

英語には語の発音の長さを一定にしようとする法則があり、短い語は母音を長母音か二重母音にするが、それに接辞がついたりと長い語になると母音部分は短母音にして全体の発音の長さを短くするという自動調整の働きがある。

2154970331_e0f9d385cf
photo credit: Frank Sinatra – I mean, Joe. via photopin (license)
スポンサーリンク